あなたも挑戦、ジェルネイル検定

ネイルが大好きで仕事にしたいと思っている方向けに情報をお伝えします。
NPO法人日本ネイリスト協会が行うJNAジェルネイル技能検定というものがあります。
この技能検定を取得することで、ネイルの仕事をする上では大変に有利です。
なんだか難しそうだと感じるかもしれませんが、試験の内容はネイリストにとっては基本的なことですから大丈夫。
もうすでにネイルサロンでお仕事をされている方でも、まだジェルネイル検定を受けていなかったという方にも興味を持ってもらえる情報です。
試験の内訳はというと

初級の検定にかかる料金 9720円
中級の検定にかかる料金 12960円
上級の検定にかかる料金 16200円

毎年6月に試験が行われ、8月に結果が発表されます。
試験を受ける会場は、札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡の7会場です。
試験には人間のモデルが必要になります。

ここでは、初級についてをお知らせします。

試験内容はモデルの両手に技術を行う実技試験と筆記試験となっています。
実技試験は2回に分かれています。
1回目の実技試験は、モデルの指に赤いマニキュアをした状態で始めます。
マニキュアのオフから、次に形を整え、キューティクルクリーンをするところまでです。
2回目の実技試験は、1回目の続きになります。
ベースコートの塗布から、ジェルを2度塗り、1本にピーコックを描き模様を完成させます。
その上にすべてにトップコートを塗布して終了です。
このような流れでジェルネイルの検定が行われます。
就職の際にも自分の技術を客観的に計れるものですから、大変役に立ちます。

また、試験の内容自体は基本的なことですが、練習をされるにあたっては、効率的な動作が自然に身についてくるという良いポイントがあります。
実技を行う時間が1回目30分、2回目60分という決まりです。
この時間内に作業を終えなければならないので、
練習するうちにだんだんと作業がスピードアップします。
無駄な動きが減って、注意深くなるのです。
ですから、自分の技術のレベルアップになっていきます。