ジェルで作るフレンチネイル

フレンチネイルといえば、色と色の境目をどれだけ綺麗に作ることができるかで
仕上がりの印象が全く変わってくる
技術のいるデザインです。

まだネイルの主流がマニキュアだった頃は
ベースが半乾きのうちにフレンチ部との境目を整えたりすると
せっかく塗ったベースがよれてしまったり
ベースに微妙にはみ出たフレンチのカラーが
綺麗にとれず境目を整えきれずストーンで隠したり
セルフネイラー泣かせのデザインだったと言っても過言ではないでしょう。

しかし今やネイルの主流はジェルネイル。
かくいう私もセルフジェルネイルのキットを所持しており
日々技術向上に励んでいます。

ジェルネイルは、カラーを塗り
一度UVライトに当てると固まります。
その後は簡単にはげたりヨレたりすることはないという
大変優れた仕組みになっています。

また、ライトにあてるまでは液状なので
うまくいかなかった時はふき取って
何度でも修正することができます。

そのため先程フレンチネイルの難点であげたような
・境目を整えるときにベースがヨレたり
・境目を整えきる前に乾いてしまったり
そんな心配は一切いらないのです!

簡単に手順を説明すると
1)ベースカラーを塗り、ライトにあてて固める
2)フレンチカラーを塗り、境目を整え、満足いく仕上がりになったら固める
となります。

境目を思う存分整えられるんです!!

勿論プロのネイリストさんたちは
整える必要なんてなく
スーッとフレンチカラーを塗って完了かもしれません。

また、セルフネイラーさんでも
手先の器用な方なら整える必要はないかもしれません。

でも、私のように不器用な人間には
この『整える』という作業が
大変重要になってくるのです。

やはり、綺麗にハッキリしているフレンチラインだと
清潔感溢れる上品なネイルになりますからね。

フレンチネイルと一口に言ってもデザインは様々。
基本のフレンチは爪先にカラーを入れますが
もっと深いところからフレンチカラーを乗せる逆フレンチ、
わざと並々の線で作るハートフレンチや
丸の一部を書いたような丸フレンチまで様々です。

だけど、どれも共通するのはやはり
ベースとフレンチ部分の境目がくっきり、はっきりして
形が整っていること、です。

ジェルネイルなら安心して挑戦できますね。
ジェルでつやつやのフレンチネイル、あなたも試してみませんか?