ジェルネイルの基本 グラデーションのやり方

グラデーションはジェルネイルの基本デザインの一つです。
グラデーションをマスターすれば、色やモチーフを替えてアレンジし放題ですので、
是非基本のやり方をマスターしてくださいね。

・カラーグラデーション
透明~カラージェルを濃淡でグラデーションします。基本はカラージェル一色あればできます。
爪先が一番濃く発色するように塗る基本パターンです。

1.爪先から4分の1程度塗り、硬化
2.爪先から2分の1程度重ね塗り、硬化
3.透明ジェル根元~4分の1程度塗り、つま先から4分の3程度カラージェルを重ねて硬化

注意点は、ジェルは少なめにとり、厚く塗らないことです。
厚く塗ってしまうとグラデーションの透け感がうまく出ません。
また、3の工程の時に、透明のジェルとカラージェルの境目を筆でぼかすようにすると、キレイなグラデーションになります。

・ラメグラデーション
透明やカラージェル~ラメのグラデーションです。カラージェルのグラデーションよりも比較的カンタンだと思います。

1.あらかじめ透明ジェルにラメを混ぜておく
2.筆にとり爪先から乗せる
3.バランスを見ながら爪の根元に向かってラメを薄く広げていく

注意点は、ラメは多めに混ぜておくことです。ラメの密度が低いと、
何度か重ね塗りが必要になります。

ラメの密度が高いと、一度塗りでグラデーションにできるので、
時短になりますし、失敗しづらいです。

この二つが基本のグラデーションの方法になります。

応用編

・縦グラデーション
上下にグラデーションするのではなく、左右にグラデーションするのもおしゃれです。3色以上使って縦にグラデーションするだけでオシャレ度がアップします。
この場合は、少しずつ塗り重ねるのではなく、縦に色を乗せていき、境目を筆でぼかすようにするだけでOKです。

・種類の違うラメホロを使ったグラデーション
通常は粒子の細かいラメを使ってグラデーションするのですが、爪先部分にラメよりも粒子の荒いホログラムなんかを使うのもオシャレです。
透明~ラメ~ホロというグラデーションになります。同系色で合わせれば失敗もしないので不器用さんでもカンタンにできます。

オフィス向けシンプルネイルを自宅でセルフネイル

オフィス勤務なので派手なネイルができず、ネイルサロンに行ってもシンプルなワンカラーのジェルでも4000円以上するので自分でセルフジェルネイルキットを購入してセルフネイルにトライしてみました。

通販ではセルフのネイルキットも数多くでており、種類も豊富です。
今回は楽天を利用して手軽に通販で購入できるセルフネイルをご紹介します。
購入したものは、甘皮のケアのためのキューティクルオイル、スティック。

さらに家でも簡単にオフできるソークオフタイプのジェルネイルキット「Jelly nail」を購入しました。
(※参考:http://www.jellynail.net/
ベースジェルとトップジェル+カラー2色が選べてお値段は1万円ちょっとで収まりました。

また、ジェルネイルのなかでもサンディング不要なジェルを選ぶと自爪を削る必要もなく爪が痛みにくいです。

サロンでは爪をがっつり削られてしまうので自爪が薄くなってしまった人にもおすすめできます。

Jelly nailのキットはペンライトタイプのLEDと筆が一本付属しているので、買ったその日から試すことができます。

もちろんサンディング不要のタイプなのでやすりを買ってなくてもできます。
カラーはオフィスシンプルにしたかったので#30(シャンパンゼリー)、#31(アプリコットソーダ)を選びました。

30番は2度塗りだとベージュというよりは白に近いですが、派手すぎず肌馴染みもいいのでオフィスのシンプルネイルにはぴったりです。

31番はうっすらピンク色でさりげなくおしゃれを楽しみたい人に向いていると思います。
30番はフレンチネイルにも応用できそうです。
一番初めに30番を片手にしてみて色味の様子をみました。ラメをさけてよりシンプルにしたい方は
マットな#1~21番の色味を選択するとよいかもしれません。

シンプルネイルに仕上げたい方は色味は薄塗りで、重ね付けをおススメします。
重ねると色味がしっかりでますし、一度に塗る量を薄くすると厚ぼったい感じがしないので、指先がゴテゴテせずにすみます。

仕上げはトップジェルをたっぷりのせて1分硬化。ノンワイプタイプなので未硬化ジェルをふき取る手間もないので楽でした。

ジェルネイルをセルフでキレイに落とす方法

ジェルネイル用のリムーバー
ネイルファイル
コットン(小さめにカットしておく)
アルミホイル(爪を覆える大きさにカットしておく)
ウッドスティック

2.ネイルファイルで表面を削る

まずは、ネイルファイルでけずります。
こうすることで、薬剤の浸透が良くなり、短時間で落とすことができます。
厚めにジェルネイルが残っていると薬剤に長時間浸すことになるので、面倒でもしっかりファイリングしましょう。

3.コットンをかぶせてアルミホイルで密着させる

しっかりと削れたら、リムーバーをたっぷり染み込ませたコットンを爪全体を覆うように載せます。
リムーバーの量が少ないと、うまくはがれませんので、しっかり浸透するように、たっぷりと使うことがポイントです。
コットンを載せたら、その上からアルミホイルで蓋をするように密着させます。
コットンだけの状態ですと、リムーバーが浸透する前に蒸発してしまうので、必ずアルミホイルで巻いてください。

4.時間を置く

リムーバーによって放置時間が違うので確認しましょう。
この時、できるだけつま先を温めるように心がけましょう。
冷たいと浸透が悪くなりうまくとれないので、手袋をしたりするなどして温めるようにしましょう。

5.浮いてきたネイルをウッドスティックで除去

規定時間を置いてアルミホイルをはがすと、ジェルネイルが浮いてきます。
浮いてきたジェルネイルをウッドスティックで除去しましょう。
この時、無理やりはがすと爪を傷つけてしまうので、浮いてきた分だけを除去します。
もし取りきれなかった場合は、2~5の工程を完全に除去するまで繰り返します。

6.仕上げ

キレイにはがせていても、ジェルネイルとリムーバーの影響で爪は弱っています。
必ずクリームやオイルなどで保湿しましょう。

いつもはサロンで行っている方も、セルフでジェルネイルをしている方も、この基本のやり方を覚えれば誰でもカンタンキレイにジェルネイルを落とすことができますよ。

世界に一つだけのオリジナルネイルを考えよう!

ジェルネイルをやってみたいという人は沢山いると思います。
でも、お店でやってもらうと「高くてちょっと…」と身を引いてしまう事もあります。
時間もかかりますからね。

数年前からセルフジェルネイルが流行って来ました。
ちゃんとサロンで使っているものと同じ機種が手に入ります。
また、自宅用に小さなサイズのUVライトも出ています。
当初に比べるとネイルキットのお値段もお安くなって来たみたいです。

意外にも、普通のネイルに比べれば、臭いも弱いのが大変ありがたいです。
ネイルの臭いに親・旦那から文句を言われ、窓を開けたり、換気扇を付けたり、肩身が狭い思いをしながらやっていると言う方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

そういった点を踏まえても、セルフジェルネイルはオススメです!

細かな道具まで揃えてしまうとそれなりの値段もしてしまうかもしれませんが、まずはある程度自分でチョイスして、試してみてはいかがでしょうか?!
何度も出来るので、その回数サロンへ通う事を思えば、断然お得です!

「1本だけ剥がれちゃってかっこ悪い」って言う時も、いちいちサロンへ行かなくても、自分で1本だけ塗れが問題無しです!
勿論、全部落としてしまう事も自分で出来ちゃいます!

ただ、時間はセルフの方がかかりますかね。
片手を硬化させている間に、もう片方の手を…と言うわけにはいきませんからね。

でも自分で思い通りに仕上がった時には達成感があります!
サロンでは自分のイメージを上手く伝えられなかったり、好きなアーティストの名前を入れてみたいけど、恥ずかしくて言えなかったり、そんな時はセルフです!

例えシンプルな塗り方しか出来なくても、デコパーツを使えば簡単に凝った風の仕上がりになります!

また、ジェルネイルを硬化させるUVライトがあれば、
レジン液でアクセサリーも出来ちゃいます!

オリジナルのネイルに合わせて、オリジナルのアクセサリーを作って…って凄く楽しいですよね!
世界に一つだけのネイルに、世界に一つだけのアクセサリーでお出かけしたら気分もアップです!
お友達にも自慢したくなっちゃいます!

季節・イベントに合わせたネイルを考えて楽しくおしゃれに過ごしたいですね!